丹陽小学校「米作り体験」

平成29年度

「田植え」

平成29年6月9日(金)天気:晴れ

 今年も、5年生の皆さんが(田植え)を体験しました。

 

下の写真は子供たちの様子を写したものです。

平成28年度

「田植え」

平成28年6月3日(金)天気:晴れ

 日本でも数少ない「島畑(しまばた)」が存在している地域(一宮市丹陽町重吉字狐塚)において、5年生の皆さんが(田植え)を体験しました。

 早朝より子供たちが元気に到着。植え方の説明を行い、汚れてもいい靴下に履き替えて田んぼの中へ。始めは田植えというよりも田んぼの中に入って「ぬるぬる」を感じながら「わー・キャー」大変です。しかし慣れてくるうちに、ちゃんと田植えを頑張っています。約7畝の田んぼが、みるみるうちに植えられていきます。

 そして、田植え機での作業の速さを実演して、手植えとの差を感じてもらい今日の作業は終了です。

 最後に、子供たちからお礼の言葉も頂き、田植えの作業が楽しかったと言ってもらえて一安心しました。

 

下の写真は子供たちの様子を写したものです。

「田植え作業後の生育状況」

「稲刈り」

平成28年10月4日(火)天気:晴れ

楽しみにしていた稲刈り体験。予定日は10月3日でしたが、あいにくの雨となり

本来なら地面が乾いた状態で行いたかったのですが、学校行事等の理由で 翌日に順延して4日に行いました。

水がある稲刈りは大変です。そんな中でも子供たちは頑張って稲刈りを楽しんでいました。

下の写真は子供たちの様子を写したものです。

「餅つき」

平成29年2月24日(金)

待ちに待った餅つき体験。

今では、臼と杵で餅を搗く家庭はほとんど見受けられなくなりましたが、我が丹陽小学校では、今年度から子供たちに体験をさせたいという思いから実施することが出来ました。

一人の搗く回数は少なく、ちょっと物足りないようですが、皆さん楽しんでいたようです。

搗き終わった後は、お楽しみの試食です。”あんこ”と”きな粉”各1個ずついただきました。

子供たちも大満足です。

米作りの作業は非常に多くの工程があります。この一部分でも子供たちが体験をして、”自分たちが田植え、稲刈りしたものを餅にして食べた”とうことが、少しでも ””というものに関心を持ってもらえるようになれば、この体験は大成功だと思います。

下の写真は餅つきの様子を写したものです。